2013年08月04日

☆上山・観音寺~お盆の大掃除っ!☆






久しぶりに晴れ渡った青空の下

毎年恒例の大掃除と檀家の総会がありました







女性軍は本堂と位牌堂、男性軍は境内と墓地の草むしり

これですっきりした気持ちでお盆が迎えられそうです

  

Posted by ☆ガGラ〃 at 22:50Comments(2)心の旅竜田揚げ

2013年07月14日

☆山形・村木沢~あじさい祭り☆







日曜日ということで、近くの駐車場は満車

とぼとぼ10分ほど歩き、またそこから石段を登り文殊堂へ

境内では野点も






一番の見頃だったみたいです

  

Posted by ☆ガGラ〃 at 15:58Comments(2)心の旅竜田揚げ

2012年08月19日

☆充実感☆

昨日、寒河江の皿谷でお昼に冷たいラーメンを食べ→本当は丑の年に御詣りしたので十二年間は行かなくてよいはずなはずの湯殿山に御詣り→四日前から肩にのしかかっていたもの(どうも湯殿山に行くというと連れてってけろ〜という者が現れるみたい)を降ろし→先月の月山参拝からズーと気になっていた大黒天の御守りを分けて頂き→レストハウスではそのまんま裏メニューの出羽三山の神様に遣える神主様方に「美味い」と絶大なる支持を受けてる湯殿山味噌ラーメンを特別に造って頂き↓






知る人しか知らない正に秘境の聖地に御詣り→発売したその日に完売という凄まじい人気の東儀秀樹さんの篳篥の音色に寒河江の慈恩寺で包まれ→隣の席に座られた方に図々しくもFacebookの友達になって頂き→夕飯のCoCo壱で超激辛カレーに悶え苦しむ宮司様を観賞→帰宅




なんかとても心地いい充実感に浸っている日曜日の昼下りでございます





はぁ〜
何もしたくねぇ〜(苦笑)

  

Posted by ☆ガGラ〃 at 14:52Comments(5)心の旅竜田揚げ

2012年08月01日

☆山形・釈迦堂~唐松観音☆







山形市民には馴染みの風景の最上三十三観音 第五番札所

こうして見ると、よくあの昨年の大地震で崩れなかったものですね

では上ってみましょう!

よいしょっと











上り口はこちらでした







お堂には空海作と言われる観音像が奉られています



  


Posted by ☆ガGラ〃 at 19:10Comments(4)心の旅竜田揚げ

2012年07月20日

☆月山・八合目〜九合目〜頂上の人達☆







八合目〜中之宮 御田原参籠所

寒河江日吉神社の菊地さん

たまたま、先月のしゃくやく祭りの時にお会いし、その後Facebookで友達になって頂いた方です

へとへとで下山して来た私を途中まで迎えにきてくれて【負けないで】を歌ってくれました

うれしかったです

ありがとうございました






出羽三山神社の叶野さん御夫婦

叶野さんには「龍笛を吹く前に唱歌をしっかり覚える事の方が大事」
とアドバイスを頂いたり、夜遅くまでオバケの話や、今神様がこの日本をどう思っているのかとか、また奥様にはこれからの私の生き方の方向性を教えて頂いたりと、本当に感謝しております

ありがとうございました





またここでは、高畠の阿久津八幡の高橋さんとも縁を結ぶ事ができたり、料理長の親分さんには「うまい、うまい」と今回奉納させて頂いた菓子を褒めて頂いたりと、本当にありがとうございました



そして

九合目〜仏生池小屋で、んだブログのブロガーさんでもあるTRAILの純平君

いや〜何年ぶりの再会だろ

お元気そうで何よりでした
(私は最悪の状態でしたが…)

本当は九合目ラーメン楽しみにしてたのですが…残念でなりません

ほんと、あそこで横になった時の幸せは忘れられません

ありがとうございました





そして頂上

月読命がおわす月山神社本宮






ここから先は聖地という事で写真撮影は禁止

という事をすっかり忘れて写真撮っちゃった貴重な一枚です汗





ここでは本当に命に関わる水

その貴重なお水を使ったお味噌汁

これがなかったら下山は無理だったと思います

ご馳走様でした

そしてありがとうございました





追伸

なんかね
「山形は災害が少なくていいよね〜」
と、今までモッサリと思っていましたが、この神様の山で毎年約三ヶ月住み込みしながら、神様に遣える方々が毎日毎日神様に奉仕されていてくれる事で安泰な生活を送れているんですね

日々、辛い事嫌な事なども沢山ありますがそれでも平穏に生きていられるのは、実は生きているのではなく生かされているという事

そんな事を感じた今回の月山参拝でした


山形で暮らす我々をいつも守ってくださっている神様と、そこで奉仕されている方々、そしてそこに咲く美しい花々に会うために一度、月山参拝をされてみては如何でしょう


最後に
今回も本物を見せて頂いた諏訪神社の宮司様と、ケチョンケチョンに罵倒を浴びせやがった二人の神主様に感謝いたします

ありがとうございました




(笑)  
タグ :月山


Posted by ☆ガGラ〃 at 21:21Comments(6)心の旅竜田揚げ

2012年04月27日

☆上山・湯の町にある三不動尊☆

上山にある三不動のひとつ新丁にある

三日月不動堂






毎年この三不動尊に御参りしていらっしゃる方がいる、隠れた人気スポットらしいです







ここの桜も見事でした







ちなみに、あと二つは、あのおっかないと言われている滝不動と八幡神社の隣にある稲荷不動です


  


Posted by ☆ガGラ〃 at 18:03Comments(3)心の旅竜田揚げ

2012年03月15日

☆岩波~リフレッシュその2☆







いつものドライブコースで、次に寄ったのが岩波

クルマから降りると蔵王からの雪解け水が、ひと際高く渓流の波音を響かせていました



ここまで来たら、こちらにも顔を出さないとね

天台宗 新福山 石立寺の観音堂








千手観音菩薩が本尊の観音堂に何故か護摩壇?







水の流れる音しか聞こえない境内をゆっくり一回り






池に写る景色はまだ冬の名残り






さてリフレッシュ終了






帰りにコンビニに寄ると、あの大量にあったベタチョコが完売してました…汗
  

Posted by ☆ガGラ〃 at 10:10Comments(4)心の旅竜田揚げ

2012年03月10日

☆山形・円応寺〜あの日から一年☆

まだ雪に埋もれるお地蔵さん






・・・と思ってたら
三十三体の観音さまらしい汗



今日は、山形の円応寺にある大慈山 円応寺で行われた

東日本大震災一周忌慰霊並びに復興祈願法要に行ってきました










今回は、村山地区だけでなく、庄内や置賜の真言宗智山派の住職が一堂に会すというので、早めに行ったのですが、本堂は満員でした







奥へ奥へと行き、やっと座れた所は・・・







・・・・汗


そして10時半

続々と僧侶が入堂







一斉に読経が始まりました










続いて、百名近い人たちの御詠歌


人のこの世は永くして 変わらぬ春と思いしに


はかなき夢となりにけり あアつき涙の真心を


如来大悲の恩徳を 謹み唱うる御詠歌に




極楽の 鐘のひびきに 夢さめて 


五色の雲に いるぞとうとき









その後、福島の浪江町から山形に避難して来た人の代表の方の、地震、津波、そして放射能で必死の思いで避難して来た話には、参列者は元より僧侶の方々も涙ぐんでいました







最後に電子ピアノとクラリネットの生演奏があり







式は終了






帰りに変わった御守りを頂きました

曼荼羅御守だそうです







最後に円応寺住職の説法より


「あんなことがしたいとか、あんなところに行きたいと思い、それが出来る時間の事を命というのではないでしょうか…」

合掌

  

Posted by ☆ガGラ〃 at 22:55Comments(2)心の旅竜田揚げ

2012年02月28日

☆「どうしちゃったの?」って最近よく言われます☆

前々から寺院とか神社とか好きで、ブログでも紹介していたのですが、ここ最近になって神社仏閣訪問を飛び越えて、突如雅楽の笛などを習い始めたものですから、何かおかしくなったのかとか、何かに取り憑かれてしまったのかとか、心配してくださる方がおりますので・・・



私としても「なんでこうなったのだろう」と思い起こしてみる事にしました









人との出会いは、自分の人生をほんの少し変えてくれるもので・・・



桜の花も散ってしまい、新しいカメラを買ったばかりの私は何か撮るものはないかと悶々していると

「南陽の神社に行って芍薬の花でも撮って来たら?」

と、ある人に言われ、何気に地図も持たず、のぼり旗だけを目印に行ったのが2010年6月6日でした



「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と、美人を形容する花の中で、唯一芍薬の花だけは見たことのなかったのですが、このとき初めて見、また想像以上の花の数と美しさに魅了されてしまいました


この年は3回ほど観に行き



そして一年が過ぎた


震災もあったせいか、今年は桜を撮るものの、桜の開花のようにパッと心が晴れるいう訳にはいかなかった


桜の花も散った2011年6月7日



芍薬の花が咲く季節がやってきた


たぶんまだ咲き始めだろうなぁ
と思いながらも、下見がてら神社へと行ってみた


案の定、芍薬の花はまだ蕾が多く、しかたなくジャーマンアイリスを撮っていると、村人の一人が親しげに話しかけて来たのでした








その村人が、ここの神社の宮司さんだということは、この日の5日後に判明したのですが・・・



2011年6月12日

なんかこの日は芍薬まつりと言って巫女さんの撮影会とかあるというので、どんなものかと見学に出かけた


思っていた以上の多くの巫女さんに驚いき、こりゃ~写真撮りの好きな友達を誘って、来年参加さんなねなぁと思った



この日、雅楽の演奏もあったのですが、まったく興味のない私は、今思うと大変失礼なのですが・・・

演奏をしていたにも関わらず「雅楽とは、ずいぶん音合わせに時間をかけるものなんだなぁ」という印象だった汗


そして今年の芍薬の写真撮影は、これで終わり・・・な、はずだった




ところが・・・

花の見頃から10日も過ぎた2011年6月22日


はらほろさんが奥様と二人で芍薬を見に来たということを知り、急いで今年3度目の芍薬を見に行くことになりました


私のブログを見て、わざわざ来てくれたのに、どれだけ花が残っているのかが心配だったからです



まさか・・・まさか、この日が雅楽へと進む入り口になろうとは・・・


もし、はらほろさんのこの記事を見過ごしていたら・・・


もし、見ても、奥様と一緒ならお邪魔しちゃいけないなぁとか思って、遠慮して行かなかったら・・・


もし、この時、宮司さんにブログの話をしなかったら・・・


そして、もし、宮司さんがブログに興味を持たなかったら・・・



テントの片付けを手伝わされて、心太頂き、しそ酢と梅酢を頂き、後日、ブログ開設のために再度神社を訪れる約束をしてこの日は終わった



その数日後

留守にも関わらず、代わりに、異常に人なつっこい猫と出会い


また会えるかなぁと思いながら出かけ

そして無事にブログ完成

一件落着

私はまた普通の生活へと戻った



そんなある日

しゃくやくさんのこの記事を見て、芍薬まつりでの撮影会の作品が展示されるというので、見に行ったのが7月17日


その後
まったく予定になかった宮内の熊野神社のお祭りにお誘いを頂き、怒涛の祭り巡りが始まったのでした





山形のお祭りもひと段落着いた頃



運命の日がやってきた



何故この日に神社へと行ったのか・・・

まったく記憶にないのです

また

ブログにも書かれていませんでした


前世源博雅だった私に

「もう一度お前の笛の音色を聴かせろ」と神様の御指名だったのでしょうか・・・

(スミマセン真っ赤な雨想です汗)



この時は「まあ。ブログのネタで雅楽隊を紹介して、ついでに笛を教えてもらえればいいな」
という軽い気持ちだったのです・・・



あれから5ヶ月


責の音はどうやったら出るんだぁ~!

と、未だに泣き叫んでる私です

どなたか、舌取り、唇取りで教えて頂ける方・・・いらっしゃいませんか・・・(女子希望・・・)

ご連絡お待ちしております照





こんな感じです

なので


けっして狂ったとか、憑かれたとかではありませんので、大丈夫です!から




  

Posted by ☆ガGラ〃 at 12:05Comments(13)心の旅竜田揚げ

2011年12月11日

☆上山・観音寺〜桜を見ながら暮れの大掃除☆

今日は雨の中、朝からお寺の大掃除でした



父が他界してから知らぬ間(あいだ)に寺の世話人という者になっており、17年目になります

少ない檀家の寺なのですが、今回も大勢の方々が合羽姿で集まってくれて、おかげさまで境内、墓地、本堂、大日堂がきれいになりました







境内の冬桜が今年も咲いていました







春の訪れを告げる桜ですが、冬の桜も乙なものです







掃除の後は、熱々のおでんで冷え切った身体を温ため、今年のお寺の行事も無事終了






追記

2015年、高野山開創1200年ということで、みんなで行きたいねぇ〜という話が・・・


2013年は伊勢神宮の20年に一度の神宮式年遷宮(じんぐうしきねんせんぐう)、建て替えの年だそうで・・・


みなさんも、この滅多にない機会に、ご参拝されては如何でしょうか・・・

  
タグ :DSC-H10


Posted by ☆ガGラ〃 at 23:23Comments(2)心の旅竜田揚げ